失敗しないための転職活動のポイントとおすすめサイト紹介はこちら
転職の基礎知識

看護師転職に失敗しない志望理由の書き方

透析看護師を目指す際の志望理由に悩んではいませんか?

わたしも転職する際に同じように悩んだことがありますが、自己分析をすることで解決しました。

透析看護師の志望理由について悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

マイナビ看護師 [求職者募集]

看護師を目指したきっかけから始めよう

転職の際、選考の注目ポイントは志望動機であることが多いので、しっかりと魅力的な志望動機を考えておきましょう。
まずは、そもそも看護師になろうと思ったきっかけを明確にします。専門職である看護師を希望した理由を思い出しましょう。自分がケガをした時に心身共に支えてくれた看護師に憧れを抱いた方もいれば、親が看護師でその背中を見て患者さんと真摯に向き合う姿に憧れた方もいると思います。出来る限り具体的な理由を思い出しておきましょう。
人手不足と言われている看護師は、体力的にも精神的にも大きな負担がかかる職業として挙げられることも多い職業です。だからこそ、看護師への強い思いを表現することは、仕事に対する熱意を表現できる材料になります。
志望動機において、看護師を志したきっかけから話を始めると、仕事に対する熱意も伝わり、表現しやすくなります。出来る限り具体的なエピソードを思い出しながらまとめておくと、面接の際にも大いに役立ちますよ。

過去のエピソードを思い出し明確にしておこう

看護師の志望動機の書き方における2つ目のポイントは、あなたが看護師に適しているという事をアピールする事です。
これまでのエピソードを看護師の志望動機に交えるのも方法の一つです。
患者さんにとって、看護師は病院で一番身近な存在です。患者さんの病状やちょっとした変化を感じ取る能力も、冷静な判断力も必要な職業でもあります。また、患者さんだけではなくその家族に対しても接する機会の多い仕事でもあるので、そうした経験をポジティブに表現できるといいかもしれません。特に、クリニックはより患者さんとの距離が近くなるため、過去のエピソードは効果的です。
他にも、体験することで感じた思いを書き出してみましょう。看護師は常に人と接する職業なので、患者さんが元気になった時の喜びなどを志望動機に加えることは重要なポイントです。
もし、看護師として経験が浅い場合、学生時代の看護体験や家族の看護経験などで、病状が回復した時の気持ちを伝えたり、アルバイトの経験によって、人と接することや人に感謝される喜びを表現しても良いでしょう。看護師として人の喜びを自分の喜びに出来ることを志望動機に加えるのも効果的です。
逆に、辛かった時のエピソードも交えるのも効果的です。辛かった時、どのように乗り越えたのかをアピールすることが出来るからです。大変だった内容だけではなく、乗り越えるに至った過程がアピールポイントになります。自分なりに努力をしたこと、工夫をしたことを明確にしておくことで、面接官に好印象を与える事が出来るでしょう。
あくまでも、辛かった内容に終始することなく、努力を重ねたからこそ乗り越える事が出来たという事にウェイトを置きましょう。

将来的なビジョンも明確に論理的な文章を作ろう

最後に最も注目されるポイントとして、何故その病院を希望したかという志望理由があります。
自分がお世話になったことのある病院であれば、その志望動機は恩返しがしたいなどといった理由を明記することが出来るでしょう。他にも、クリニックは先にも述べた通り、地域密着であることが多いので、地域での信頼性の高さや患者さんとの距離も近くなるので、患者さんにじっくりと向き合いたいなどといった気持ちを志望動機に加えるといいでしょう。
将来的な自分のビジョンを明確にしておくことも大切です。看護師として働きながら、医療に関わる保健師などの資格を取得して更なる医療の知識を深めたいといった将来のビジョンを伝えるのも効果的です。向上心のあるスタッフはどの病院でも嫌がられることはありません。
クリニックで働きながら、どのように自分が成長していきたいのかを明確にしておきましょう。看護師として今までのキャリアももちろん重要ですが、これからどう成長していきたいかを伝えることは、どれだけのポテンシャルを高く持って転職をしようとしているのかを伝えることができます。明確に将来的なビジョンも表現できるようにしておきましょう。
材料が揃ったら、後は論理的に文章を整えていきます。クリニックは総合病院などのようにスタッフも患者さんの人数も多くはありません。今現在働いているスタッフとも患者さんともコミュニケーションが上手く取れる事も採用の重要なポイントになるでしょう。患者さん一人一人ときちんと向き合う看護がしたいという思い、そのために地域に密着したクリニックで患者さんに寄り添った仕事を希望していること、地域からの信頼性が高い病院で働きたいと思っていることなどを、上手くおりまぜながら論理的な文章に仕上げていきましょう。
最後に注意したいのが、実際給与が優遇されている病院でも、立地条件が良い病院だったとしても直接的に志望動機に加えるのは控えましょう。より良い人材を確保するための病院のアピールポイントの可能性はありますが、転職の志望動機としてはおすすめできません。
志望動機では看護師を志したきっかけからスタートして、どのように患者さんと向き合って看護をしていきたいのかを具体的に表現することを意識しておきましょう。

アンナの転職体験談はこちら
私がお世話になった転職サイトと失敗しないポイントについては下記を参考にしてくださいね。