失敗しないための転職活動のポイントとおすすめサイト紹介はこちら
結婚・育児

“アンナ”のプロフィール、ブログを始めたきっかけ、職場の変化について

はじめまして。このサイトの管理人のアンナと申します。
1988年生まれの、現在30歳女です。
地元の看護学校を出て現在は埼玉の透析クリニックで働いています。
毎日の仕事はつらいけど、一生懸命楽しくやっています。

マイナビ看護師 [求職者募集]

ブログを始めたきっかけ

私は結婚を機に夜勤がない、日曜が休みの透析クリニックへ転職を決意しました。転職活動の際に私自身が透析クリニックの勤務実態やお金の事情が分からずに悩んだ経験があり、同じように悩む人に役に立てばと思い、このサイトを作りました。

このサイトでは、過去に私が透析クリニックへの転職で悩んだ経験をもとに、透析の仕事内容や転職の悩み、透析の職場で働く人の結婚やお金事情について紹介しています。

プロフィールと職場遍歴について

看護学校時代

私は2007年に地元の看護専門学校に入学しました。入学のきっかけは仲の良い友人に誘われたためで、昔から憧れていた仕事などといったわけではありませんでした。地方のため学年全体でも人数がたくさんいる学校ではなかったですが、毎日楽しくやっていました。私が通っていた学校は試験の結果が悪いと三者面談というとても恐ろしい制度があったのでみんな試験に対しては必至でした。国家試験前日も遊んでいましたが無事一発合格し卒業することができました。

小児科勤務(地方 総合病院)

看護学校を卒業して一番最初に勤めた病院は近所の総合病院でした。病院を選んだ理由も家から近くて通勤が便利だからです。配属先は小児科でそこで約2年半働きました。元々子供が好きで保育士になろうと思っていたこともあったので、そこでの勤務は楽しかったです。

整形外科勤務(東京 公立病院)

地元の総合病院で働いていたある日、先に上京していたお友達に東京の公立病院で働かないかと誘われました。親の反対も多少あったのですが、東京での一人暮らしへの憧れもあり上京を決めました。23区の病院だったのですが、新築で駐車場付きの寮があり、当時車を持っていた私にはとても嬉しかったです。ここでは整形外科へ配属されました。整形外科ではトイレ誘導やシーツ交換など体力仕事も多いので少し大変でした。しかし、東京での一人暮らしはつらいことよりも楽しいことのほうが多く、プライベートが充実していました。

透析クリニック(埼玉)

東京の病院で働いていた際に現在の旦那さんと出会い結婚することとなりました。結婚して住まいと職場が遠くなってしまうこと、夜勤が大変だったこともあり、現職の透析クリニックへ転職します。転職についてはハローワークと民間の求人サイトを使って行いました。最終的には求人サイトより紹介いただいた病院への入職を決めました。透析病院では今までの勤務と全く内容が違うため戸惑いもありましたが、優しい先輩達に恵まれて楽しくやっています。

お問い合わせ

当ブログに関するお問い合わせ・お仕事のご依頼などはお問い合わせページからお願いいたします。

アンナの転職体験談はこちら
私がお世話になった転職サイトと失敗しないポイントについては下記を参考にしてくださいね。