失敗しないための転職活動のポイントとおすすめサイト紹介はこちら
転職の基礎知識

看護師転職のプロに聞いた面接で使えるテクニック

マイナビ看護師 [求職者募集]

面接時のマナー

看護師の面接を受けるとき、一般の転職面接にはない看護師特有のポイントがあります。知っていると役立つことばかりなので、テクニックとして覚えておきましょう。
面接を行う部屋に入るときにドアを3回ノックする、担当者に着席をすすめられてから椅子に座る、ドアを後ろ手で閉めないというマナーは、他の面接と同様です。しかし、看護師特有のマナーもあります。
クリニックの呼称は、「御院(おんいん)」となります。「御社」やクリニック名に様をつけて呼ばないように注意しましょう。但し、履歴書や職務経歴書など、文字で表す場合は「貴院」と書きます。つまり、口語と文語で呼び方を使い分けるのが、常識のある人物と思わせるテクニックです。
身だしなみは、一般の企業以上に気を遣う必要があります。そもそもクリニックという職場自体が、衛生面で細心の注意を払わなければいけません。そのため、面接担当者に衛生観念がしっかりとしていることを、清潔感のある身だしなみで伝えるのが重要です。
髪形がボサボサだったり、ヘアカラーがまだらになっていると不潔な印象を与える場合があります。よって、髪を切りそろえたり、黒か落ち着いた髪色に染めるなどして清潔感のある人物だとアピールしましょう。特に黒髪に戻す場合、染めた直後は黒すぎて不自然な場合があるので、直前ではなく少し余裕をもって染めておくと安心です。
診療科によりますが、前髪が長すぎないようにしたり、耳を出す髪形にしたり、長い髪の場合は束ねると、より好印象になります。
さらに、アクセサリーやマニキュアなどはつけず、落ち着いた感じの服装にするとよいでしょう。

面接時にアピールすること

看護師の面接の場合、特に伝えるとよいのは、意気込みとタフさです。クリニックでも人の命が関わる場合があり、重い責任が伴います。患者やその家族への対応で、戸惑うことがあるかもしれません。そのような、辛い場面が続いても自分はやっていけるという意気込みをアピールする必要があります。
さらに、時間が不規則だったり、交代制の職場ならば、体力勝負な時もあるでしょう。
よって、忙しい時期がいくらか続いても、体力面での心配はないと伝えます。その際は、日課でスポーツをやっているなど、体力には自信があることを具体的に説明するとよいでしょう。
また、クリニックはドクターや看護師同士のチームワークが求められる職場です。そのため、自己主張が激しすぎると、協調性がない人物と判断される可能性があるので、受け答えの際には面接官への反対意見を言わないように注意しましょう。
また、男性が面接を受ける場合には、女性の多い職場でも適応できるかが肝心です。男性看護師は増えてきており、診療科によっては男性看護師の多い職場もありますが、依然として女性スタッフが多数を占めるクリニックが多いです。
よって、女性の多い職場でも、男女関係なく対応できることを伝えます。また、話し方にテクニックがあり、普段よりも柔らかい口調を意識して話すと、印象も柔らかくなるのでオススメです。

面接での回答の仕方

 

志望動機はどの業種でも大事ですが、看護師の面接でもやはり一番大切な内容です。
まずは、クリニックのホームページやパンフレットなどから情報を集め、面接を受けるクリニックにどのような特徴があるのかなどを、しっかりと調べる必要があります。情報が細かくホームページに掲載されている場合、理念や院長の経歴、所有している医療機器まで記載されていることがあります。
自分が面接でした説明とクリニックの方向性が違っていると、ミスマッチの印象を与える可能性が高いので、注意しましょう。さらに、このクリニックを受けようと思ったとき、どのような点に関心を持ったのかを具体的に伝えます。
また、自分は受け身ではなく、主体的に仕事ができることをアピールしましょう。自分のやりたいことやできることを、自分の経験と目標を踏まえて、具体的に説明します。さらに、自分がこのクリニックで働くと、どのような利点があるのかを伝えられると、より担当者の印象に残ります。
転職面接の場合、必ず聞かれるのは前職を辞める理由です。嘘を言ってはいけませんが、あまりにも具体的に話しすぎると、良い印象を与えません。なぜなら、退職理由が自分に非がないとしても、「人間関係のトラブル」や「給料が少ない」という説明だけでは、前向きさが感じられないからです。そして、このクリニックに来てもすぐに辞めてしまうのではないかと思われてしまうかもしれません。
逆に、介護や育児など、今後のことにも関わる理由の場合は、正直に説明します。なぜなら、勤務時間や休日などで、勤務先に配慮してもらう可能性があるからです。
そのため、介護や育児などの場合を除き、ネガティブな点は具体的に説明しすぎずに、そこから新しく成長する機会としての転職だと伝えるのがテクニックです。
さらに、特定の資格やスキルを持っていたり、これから取得する予定があるならば、忘れずに説明しましょう。
看護師特有の質問としては、自分の看護に対する考え方を聞かれる可能性が高いでしょう。自分が看護師を目指した理由や看護師としての目標を伝えるのがポイントです。
また、看護師の仕事をしている時に、自分が大切にしていることを話すとよいでしょう。そのことを、今までの仕事を通して具体的に説明をするのがテクニックです。
今までの経験は大事な財産なので、アピールできるポイントとなります。そのため、診療科の名前だけではなく、そこで得た知識やスキルを転職先ではどのように活かせるかを、目標も併せて伝えましょう。
面接の最後などに、逆に質問がないかを問われる場合があります。その時に、クリニックで求める人物像を聞き、得られた答えと自分の共通点を関連付けて話せると、より好印象となります。
また、クリニックで面接が行われる場合、特徴的な設備について質問をすると、相手に感度の高さを印象付けられます。
逆にイメージの悪くなる質問は、給料や有給休暇など、調べればわかることについて聞くことです。自分で調べた結果、どうしても聞かなければならない場合を除き、お金や休暇についてばかり質問をしてしまうと、仕事内容には関心がないのかと思われてしまうかもしれません。

面接対策について

転職するにあたり、私の置かれていた環境が、あえて言うなら「本音」になります。
ここからは、面接対策として用意した「建前」の部分、そして今のクリニックにひかれた「本気」の部分についてご紹介します。

私の「建前」の部分

ほとんどの看護師は、透析の分野で働きたいというよりも、夜勤がない・日曜日が休みという勤務時間的な理由や、家庭との両立・働きやすさといったプライベート面でのメリットを考え、透析病院や透析クリニックでの勤務を選ぶと思います。

しかし、当然ですが面接ではそういったことばかりを話すわけにはいきません。

「透析看護という一つの専門分野をしっかりと勉強し、スペシャリストになりたかった。」
「透析看護はとても奥深く、やりがいがあると感じた。」

月並みな志望動機ではありますが、こんなことを話したと思います。

私の「本音」の部分

あと、私なりに志望動機に結び付けた部分としては、病院の理念・職員の気持ちに賛同した話をしました。

当時、クリニックのホームページには看護師のインタビューが載っていて、その内容に感銘を受けた記憶があります。

「患者さんのために、私も命をかけて向き合いたい。」

そう先輩が話していました。
そして「命をかける」という表現の意味を、後の勤務であらためて知ることになります。

透析の患者さんは、ちょっと難しい人が多いと事前に聞いていました。
そのため「コミュニケーション能力を高めたい」ことも志望動機に絡めて話しました。
しかし、このときは透析の患者さんがなぜ難しい性格をしているのかにまで、自分の想いが行き届いていませんでした。

『透析の患者さんは、透析を止めると死んでしまいます。
そのことを患者さん自身は分かっているので、いつ何時自分が死んでもおかしくないと思っています。
それゆえ、精神が不安定になりがちです。』

……と、ここまでは机上のお話です。

実際には、ほとんどの患者さんから、感謝の言葉をいただくことが多かったです。
それはきっと「自分の命をつないでくれるのは、私たちしかいない」ことをよく分かっているからだと思います。

果たして、これは打算なのでしょうか。
きっと違います。
死をすぐそばに感じている患者さんの、心からの感謝の気持ちなんです。

どんなに不器用な人でも、何らかの形で私たちに思いを伝えてくれます。
中には、そもそも人と話すことが苦手な人だっているわけです。
そんな人が感謝の気持ちを慣れないまま伝えたとしたら、受け手が気難しく感じたとしても、何ら不思議はありません。

自分が日勤を始めて精神的に余裕を持てるようになってから、ようやくそのことに気付けました。
相手が命を私たちに預けてくれているのに、私は日勤だから楽とか、そんなことを言っている場合ではないわけです。

今でも弱音を吐くことはありますが、それでも患者さんに対して苛立ちを感じることはなくなりました。
ある意味、私なりに必要に迫られて決めた転職でしたが、今では本当に良かったと思っています。

おわりに

以上が、私が総合病院から透析クリニックの看護師へ転職した理由になります。
ちょっと長くなってしまいましたが、ここまでお読みいただき、本当にありがとうございます。

私のちょっとしたアドバイスですが、転職サイトに登録した際には、求人情報などに職員の声が分かるページがあるかどうかもチェックしてみましょう。
自院ホームページなどがあれば、そちらも確認してください。

皆さんが希望する転職先を見つけられることを、心よりお祈りしています。

アンナの転職体験談はこちら
私がお世話になった転職サイトと失敗しないポイントについては下記を参考にしてくださいね。