失敗しないための転職活動のポイントとおすすめサイト紹介はこちら
仕事内容

透析病院と一般病院の看護師の仕事の違いについて

透析病院の仕事内容と一般病院の仕事内容を比べると、かなりの大きな違いがあります。

私も、現在のクリニックで働く以前は、小児病棟と整形外科病棟での勤務経験しかありませんでした。

そこで、透析病院とそれ以外の病院では仕事内容がどう違うのか、待遇はどうなのか、ネットで色々調べた経験があります。実際に調べてみると、けっこう思い込みがあったな……と反省しました。透析病院の勤務形態は、基本的に日勤だけなのですが、やはり病院によっていろいろ違いがあります。また、一般病棟などで行う仕事と完全に仕事内容が違うというわけではなく、病棟経験を活かせる場面も出てきますから、その点は安心しました。これから透析クリニックへの転職を考えている方は、ぜひ一度読んでみてくださいね。

マイナビ看護師 [求職者募集]

透析病院と一般病院の違い

勤務体系の違い

透析病院は一般病院と違い、ほとんどの場合は夜勤がありません。日勤のみの勤務で日曜日が休み、というところが多いと思います。そのため、主婦や育児をしている看護師には働きやすい環境であると思います。透析の患者さんは、基本的には週2~3回のペースで透析をすることになります。それに合わせて看護師もスケジュールを組めるため、日勤のみの対応が可能なのです。基本は一日仕事になりますが、勤務形態によっては半日シフトを取り入れているところもあるようです。しかし、勤務形態が大幅に異なるケースもあって、病院にもよりますが準夜勤のシフトを組まれることもあるようです。

また、働き盛りの方が寝ている間に受けられる「オーバーナイト透析」を行っている病院の場合は、夜勤(オーバーナイト)のシフトが別に組まれていることもあります。
そのような病院であれば、病棟の夜勤なども募集しており、場合によっては2交代制を取っているところもあります。他にも、緊急透析に備えるオンコールがあったりするため、割と忙しい病院もあります。

転職の際には、透析病院というだけで安心せず、求人情報だけでなく病院の詳細も必ず確認しておく必要があると思います。というのは、求人条件自体は日勤者の募集であっても、夜勤シフトがある場合、そちらの人員が足りなくなったら補充要員になる可能性は十分あるからです。また、残業についてもきちんと確認しておくとよいでしょう。
まれに、準夜勤からの日勤・日勤でも準夜勤の終わり時間まで残業があるようなケースも見られることから、勤務形態は必ず確認しておく必要があります。逆に、病院によっては火・木・土は早く上がれるなど、曜日によって勤務形態が違うところもあります。

日曜日は基本的に休みという病院がほとんどですが、時々研修などが入ることもあります。
極力病院にプライベートを拘束されたくないと考える人もいるでしょうが、透析の患者さんが週に15時間拘束されることを考えると、それに比べれば楽なのかもしれません。
ちなみに私も、透析看護入門者向けの研修を受けたことがあります。どうしても家庭の都合で日曜日を休みたい場合は、事前に確認が必要であると考えておいた方がよいと思います。

仕事内容の違い

仕事内容としては、基本的には一般病棟で行うような業務はほとんどありません。
例えば、食事介助やおむつ交換・点滴などの投薬・清拭・静脈血での採血などがあります。

透析は専門性の高い分野であることから、今まで透析の仕事を経験したことがない方であれば、新しく覚えることが多い分野でもあります。
透析に使用する機械の操作や管理について学んだり、シャントの穿刺・透析独特の薬・透析業務の流れなどを新しく覚えることになり、最初のうちは混乱することもあるかもしれません。

しかし、一般病棟との共通点が全くないというわけではなく、一般病棟で身につけた知識や技術が応用される場面も多々あります。一見、透析の仕事内容とは直接関係ないような知識が、患者さんとのコミュニケーションをはかるのに役立つこともあります。
ある意味、人間に興味を持てることが大切と言えるかもしれません。

病棟経験が多い看護師は、今までの経験を活かし、その上で新しい知識や技術を覚えていくと早く自立できるはずです。病棟経験が少ない看護師であっても、腎臓の機能・腎不全についてあらかじめ予習しておくと、比較的スムーズに業務に入れると思います。
最初のうちは細かな手順よりも、一連の流れを理解することに重きをおくとよいでしょう。

まずは不安を一つひとつ取り除いていこう

透析は、患者さんに負担がかかる治療法の一つです。
一週間のうち12~15時間を、日常生活とは異なる部分で消費しなければなりません。
自分自身の境遇を悲観し、つらさを隠さない患者さんも少なくありません。

透析未経験の方は、このあたりにギャップを感じることもあります。
私も、かつては患者さんから心ない言葉をかけられたことがありました。
でも、顔を合わせているうちにお互いの不安が解けて、ちょっとした信頼関係のようなものが生まれてきます。

最初のうちは大変かもしれませんが、不安はやがて取り除けます。
ぜひ、気を楽にしてチャレンジしてくださいね。ちなみに、看護師の転職求人をお探しなら、このサイトが便利です。もしよかったら使ってみてください。

アンナの転職体験談はこちら
私がお世話になった転職サイトと失敗しないポイントについては下記を参考にしてくださいね。