失敗しないための転職活動のポイントとおすすめサイト紹介はこちら
転職の基礎知識

【転職体験談】総合病院から透析クリニックへ転職して日勤、日曜休み、育休を手に入れた話

みなさんは透析看護について皆さんはどのようなイメージを持っていますか?

・病棟勤務より給料が低い

・穿刺が大変そう

・患者さんが独特そう

と思っている方も多いのではないかと思います。
私も転職するまで透析看護に対して不安が多かったのでその気持ち非常にわかります。

実際は日曜は必ず休みで、看護師の数も多いため、産休・育休も取ることができ、子育て世代の看護師にぴったりの職場です。

そんな私の転職体験をこれから透析看護師として働くあなたの少しでも役に立てばいいなと思っています。

なのでこの記事では、そもそもなぜ私が総合病院から透析クリニックの看護師へ転職したのか、その経緯と現在の勤務条件、福利厚生について紹介したいと思います。

透析クリニックで働こうと思った理由

私が透析病棟で働きたいと思った理由ははっきり言ってしまうと、結婚によって少しでも家族でいる時間を増やしたいと思ったからです。

新卒で小児病棟経験後、整形外科病棟へ

そもそも私は、子どもが好きだったので保育士になろうと思っていたことがありました。
しかし、友人に誘われたのをきっかけに、地元の看護専門学校に入学しました。
無事卒業したあとは、家から近いからという理由で、近所の総合病院で働くことにしました。

このとき、運が良かったのか、配属先は小児科でした。
およそ2年半働いていたのですが、子どもが好きだったので、本当に楽しかったです。
つらかったことも結構あったはずなのですが、子どもとのやり取りで元気をもらっていたせいか、今は懐かしさの方が強いです。

そんなある日、上京した友達から、東京の公立病院で働いてみないかとお誘いを受けました。勤めていた病院には特に不満はありませんでしたし、社宅費用もほぼかからなかったので、親の反対をやんわり押し切って東京で一人暮らしを始めました。

夜勤勤務の大変さと透析クリニックへの興味

小児病棟で働いていたときは、準夜勤・深夜勤を含めた三交代だったので、体力的にはそれほどつらいと感じませんでした。若かったというのもありますかね……。

しかし、整形外科病棟に配属されてからは、ある程度「一人でできるでしょ?」という目で見られていたので、多少プレッシャーを感じていました。また、トイレへの誘導・シーツ交換といった体力仕事も多かったので、小児科とは違う大変さがありました。

そしてもちろん夜勤があるため、生活リズムが崩れてしまうのは半ばあきらめていました。

しかし、東京での一人暮らしはプライベートが充実していました。
また、夜勤をしていたこともあったので、給料も地元より圧倒的に高く、経済的には非常に恵まれていました。

しかし、疲れが抜けなくなってきてから、次第に体力的・精神的に追い詰められていくのを感じていました。
そんな折、職場で夜勤中に「透析クリニックは日勤が基本でいいよね」といった話を聞きました。そのころ付き合っていた彼氏と結婚を考え始めていた時期だったので、日勤への憧れが次第に強くなり、気が付いたら透析クリニックについて調べ始めていました。

結婚がきっかけで透析クリニックへの転職を決めた

透析病棟を希望したもともとの動機は、今考えればどちらかというと不純だったと思います。

総合病院での勤務は、日曜・祝日関係なく出勤になります。
透析クリニックは日曜日が必ず休みのため、家族や看護師以外の友人と休みが合わせやすいのが嬉しかったです。

また通常のクリニックはスタッフの数が少なく、産休・育休が取りにくいですが、私が転職を決めた透析クリニックでは産休・育休制度もあったのが決め手になりました。

そこで結婚を機に転職を決意し、看護師転職サイトへの登録をしました。

透析クリニックへ転職して感じたこと

透析クリニックは病棟勤務と全く仕事内容が違うので、最初は正直不安でした。
透析患者さんは独特な方が多いですし、穿刺は慣れるまで大変でした。

しかし、仕事はルーチンワークなので覚えていくと苦ではなくなり、クリニックは午前9時から午後9時までしかやっていないため、生活のリズムが整えやすくなりました。

転職の際には今までの勤務で嫌だったことや福利厚生について、アドバイザーさんに事前に相談をして、解消できる職場に転職したおかげで、給料は総合病院で夜勤をしていた時よりも80万円程下がりましたが、日曜休み、日勤のみ、産休・育休有りでの最高の職場で働くことができました。

現在の勤務体系と福利厚生

埼玉県内 透析クリニック
勤務体系:シフト制 ※外来透析のみのため夜勤なし日曜定休
総支給額:250,000円
手取り額:210,000円
福利厚生:医療費補助有り、ボーナス有、産休・育休有り

日曜休み、日勤のみ、産休・育休有りで子供の成長も見守ることができるっていうのが本当に幸せです。

なので、あなたも転職を考えているのであれば、今の職場の環境についてもう一度見直しして、休みや給料などなにが希望なのか、どのようなことが妥協できるのかをまとめたうえで転職サイトのアドバイザーさんに相談するのがポイントです。

今でも親身に話を聞いてくれて、最高の職場を紹介してくれた看護師転職サイトのアドバザーさんには感謝しかありません。

看護師転職サイトはいずれは転職したい。条件がいいところがあれば転職したいといった場合でも登録はできますので、どんな職場が向いているか悩んでいるあなたにもおすすめです。

私がお世話になった転職サイトと失敗しないサイトについては下記を参考にしてくださいね。
アンナの転職体験談はこちら
私がお世話になった転職サイトと失敗しないポイントについては下記を参考にしてくださいね。