失敗しないための転職活動のポイントとおすすめサイト紹介はこちら

透析看護師の働き方と悩みのまとめ、働きやすい職場の探し方

はじめまして、アンナと申します。透析クリニックへ転職する際に悩んだ経験があり、同じように悩む人に役に立てばと思い、このサイトを作りました。

このサイトでは、過去に私が透析クリニックへの転職で悩んだ経験をもとに、透析の仕事内容や転職の悩み、透析の職場で働く人の結婚やお金事情について紹介したりしています。

〇透析看護に興味はあるがわからないことが多い人
〇結婚や出産を機に透析クリニックへの転職を考えている人
〇透析クリニックの給料形態や仕事内容について知りたい人
〇自分に合った就職先を見つけたい人

以上のような方におすすめです。

「どこから読めばいいの?」と思った方は、まずは以下のおすすめ記事をぜひ読んでみてください。

透析看護師の業務の流れについて

透析の仕事の流れは基本的にルーチン作業となります。主な仕事内容としては準備、穿刺、透析前中後のバイタルサインの観察、抜針です。勤務時間帯は勤務先のシフトによって異なりますが、これを1日に何回(何クール)行うかという形になります。

1クールの流れ

①セッティング
機械に透析回路をセッティングします。
②プライミング
セッティングした回路内に液を流す作業です。
③申し送り
来院する患者の申し送りをします。
④患者応対
体重測定、体調観察、バイタルサインの測定、レントゲン検査等を行います。
④穿刺
聴診、触診、視診を行った上で穿刺を行います。
⑤透析中のバイタルサイン、透析機械の観察
状態の変化の観察フットケアや患者指導等を行います。
⑥抜針、血圧測定
透析が終了したら、回路内の血液を返血し、針を抜きます。返血の血圧測定も行います。

毎日の仕事内容がルーチンだからこそ、患者とのコミュニケーションが非常に大切になってきます。当たり前のことかもしれませんが、病棟勤務よりもさらに誠実に笑顔で患者と向き合うことができる看護師が、透析看護に向いています。さらに詳しい仕事内容については下記に詳しくまとめています。

透析看護師の志望動機について。本音と建前のまとめ

私が透析クリニックで働こうと思った理由は日曜日休みと夜勤が無かったためです。結婚したら家族の時間を多く取りたい。そのため私も結婚を機に総合病院から透析クリニックへ転職しました。面接を受ける際には志望動機を考えるのに苦労しました。そこで職場の同僚に今の勤務先を受けるときに使った建前の志望動機となぜ透析クリニックを選んだのかの本音を集めてみました。

本音

子供がいるので日曜日休みの仕事がいい
夜勤をやるのはもう体力的にしんどい
育休・産休が取れる職場に就きたい

建前

貴院の理念や考え方に賛同した
透析という専門分野をしっかり学びたい
コミュニケーション能力を高めたい

本音では夜勤がないことと、日曜休みであることを挙げる人がほとんどでした。年を重ねると病棟勤務は体力的にも精神的にも大変になってくるといった意見も多くありました。ただそのままの理由を面接で言うわけにもいきませんので、実際に職場の同僚が使った志望動機についてもさらに詳しく聞いています。また私が転職サイトの営業さんに教えてもらった面接のテクニックについても書き出したので合わせて参考にしてみてくださいね。

透析病院と一般病院の仕事の違いについて

透析病院では一般病院と違い基本的に夜勤がありません。
日勤のみの勤務で日曜日が休みというところがほとんどかと思います。そのため主婦や小さな子供がいる看護師にとってはとても働きやすい環境です。
しかし、病院によっては準夜勤がある場合やオールナイト透析をしていたりすることもあるため、転職の際には必ず勤務体系をする必要があります。

ここに注意

勤務先の勤務形態は必ず確認しておこう
稀に日曜日に研修や学会などが入る可能性も有り

一般病棟との違い

食事介助、おむつ交換、点滴、清拭は無し
新しく覚えることは多い(透析機械の操作や管理、シャントの穿刺等)

覚えることは多いですが、一般病棟での知識や技術を応用できる場面も多くあります。病棟経験が多い看護師は、今までの経験を活かし、その上で新しい知識や技術を覚えていくと早く自立することができます。また病棟経験が少ない看護師は、腎臓の機能や腎不全について、あらかじめ勉強しておくとスムーズに業務に入れます。

透析病院の給与について

透析病院は前述のように基本的に夜勤がありません。給与は日勤だけの割にはクリニック勤務などと比べると多く貰えます。また透析の技術は一生ものですので、育児の関係で一度退職をされても、パートで復職されている方もよく見かけます。そんな透析看護師の給与体系についてまとめてみました。

給与のポイント

地域や勤務体制によって給与のばらつき有り
パートでも働きやすい職場環境
日勤のみでも給与は高め

地域や、勤務体制、病院によっていろいろなので、透析病院に転職したい際には、自分の条件に合う勤務体制かどうか、残業の有無や、給料、ボーナスはどうか、など具体的に面接時に聞いておくと良いでしょう。
転職候補の透析病院がいくつかある場合は、細かく全ての病院を比較してみるのも良いでしょう。業務内容自体は大きくは変わらないと思います。勤務体制と給料を、比較して一番自分に合うところを見つけると良いでしょう。

透析病院で働く人の結婚、出産、子育てについて

透析病院で働く看護師は、夜勤が無いことから主婦の看護師が多いです。そのため、結婚、出産、子育てに理解のある職場環境であれば、働きやすいと思います。
休みが取りやすい、取りにくいなどは、他の病院やクリニックと変わらないと思われます。
どの病院でも言えることですが、人手不足や勤務体制、職場の雰囲気により様々です。

主婦看護師が選ぶ病院のポイント

勤務体系は必ず確認
育休・産休制度はあるか確認
人手不足ではないか職場人数について確認

育休、産休の実績や、それに加えて家庭と両立して働くことに理解がある職場環境かどうかを、しっかり確認しておく必要があります。育休産休の実績をどうやったら知ることができるのか。転職先選びを失敗しない方法をまとめています。

透析病院へ転職を悩んでいるあなたの悩みを解決

多くのことを覚えなければいけない透析病院での勤務。いざ転職を考えても不安がありますよね。そこで透析病院で働くうえでよくある質問について私なりに回答してみました。

未経験でも大丈夫ですか?
はい、未経験でも大丈夫です。

あなただけではなく、一般病院から転職される方がほとんどです。
一緒に基本から丁寧に指導していきますので全く問題ありません。
いきなり機械の操作や穿刺など難しいことをするのではなく、一つずつできることを増やしていけるように考えて、あなたのペースに合わせて指導していきます。

成長して一人前になるまでの期間はどのくらいかかりますか?
約3ヶ月程度で基本的な業務の流れや、簡単な手技はできるようになると思います。

その後、穿刺や手術の介助、夜勤業務などは、あなたのペースに合わせてゆっくり進めていきたいと思います。

穿刺に不安があります。大丈夫ですか?
はい、練習もできますので全く大丈夫です!

まずはシャントの人形で練習したり、針の使い方から一緒にイメージトレーニングをしていきます。
そして、簡単なシャントの患者様や、人柄の良い患者様から、ベテランスタッフが一緒に付き添って穿刺を開始していきます。
また穿刺を実際に行うまでに、先輩看護師の穿刺を何度も見学しておくと、穿刺の角度などの手技や血管の走行を知ることができて、イメージがつきやすく、自信になると思いますよ。

看護師が働きやすいおすすめの透析病院の探し方

透析病院を見学する際にチェックしておくべきポイントの一つ目は、勤務形態です。透析を何クールしているのか、何時までしているのか、オンコールがあるのか。
日曜日の出勤や研修があるのか、などの勤務形態を具体的に知る必要があると思います。透析病院=日勤のみ、とは限らないので、必ず面接の際には確認が必要です
あなたの働きたい条件にそれらが合っているのか、また残業はあるのか、休みは取りやすいかなどを確認すると良いと思います。

勤務先選びのポイント

勤務体系は?夜勤、オンコールは無いか
育休・産休制度はあるか
教育体系がしっかりしているか

特に未経験で入った看護師や、主婦で働いている看護師など、自分と同じような境遇で働いている看護師と話ができるなら、見学をしながら上記の質問を具体的に聞いてみると良いと思います。実際に働いている看護師にしか分からないことも多いと思います。

アンナの転職体験談はこちら
私がお世話になった転職サイトと失敗しないポイントについては下記を参考にしてくださいね。